炭酸水(一般的には二酸化炭素が溶け込んだ発泡水で、人工のものと天然のものがあります)は、健康や美容(若さやキレイさを保つための努力をするのとしないのでは、年を経るごとに大きく差が開いていくでしょう)に良いので、体にいい水と言えるでしょう。 炭酸水が体に悪いというのは、炭酸飲料と混同しているようです。 体にいい炭酸水は、炭酸の入った糖分を含んだ甘い飲み物ではなく、天然のミネラル炭酸水やハイボールなどに使う無味のソーダのことをいうんです。 日本ではあまり馴染みのない炭酸水(人工のものには、リン酸塩などが使われていることも少なくありません)そうはいっても、欧米ではもっとメジャーなものになっています。 体に良い効果としてどのような効果があるかというと、少量ですと食欲増進効果があって、500mlくらいの多めの量を飲むと胃が膨らむので満腹感があり、ダイエットにも良いということになります。 適量を毎日飲むようにすると、便秘がちな人にも効果があるでしょう。 炭酸水(酸っぱいと感じることもあるでしょう)を飲むことにより、胃や腸の蠕動運動が起こり、便通が良くなるというわけです。 それに、炭酸水を飲むと二酸化炭素が体内に入るため、体が酸素濃度を高めようとして、血管拡張が起こるはずです。 血管拡張により血行促進になる事から、軽い運動をしたような効果と体を温める作用などがあって、体によいのではないでしょうか。 また、疲労を感じている時にも、炭酸水は良く効くでしょう。 炭酸ガスが、疲労物質の水素イオンと結びつくので、疲労物質の量が減り、疲労が回復されるみたいです。 温泉にも炭酸泉があるように、入浴(最近では、全身ではなく、下半身だけ浸かる半身浴も流行していますね)剤の炭酸系の物にもそのような効果が期待できますー